スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月25日 イベント戦 対呉♪

こんにちわ コリンです

最近、珍しく合戦にでれてます(*>ω<*)

これからも平日に合戦があったらいっぱい出れるのに・・・
なんて思いながら 今日も戦場をかけめぐりました(*ノ▽ノ)

しかも今回は、戦術で・・・・・
1陣は湿地でした(*>ω<*)
今回から、合戦前に相談して、作戦をねりました(*>ω<*)

人数的に2徒党組める感じだったので・・・・
1徒党目が 祝福で、付与剥奪
2徒党目が 妖術徒党主で、そっかでした(*>ω<*)

イメージとしては、剥奪で、バフ消去と、ダメを与え、
徒党ソッカで、遠距離攻撃って感じでした(*>ω<*)

もぅ遠くから、剥奪しまくりでした(*´ω`*)
ここで思ったのは、剥奪が狙える距離感と、火炎柱の距離感とじゃ
結構、違うのかなって思いました(*ノ▽ノ)

今度は、私が妖術で試してみたいと思いました(*´ω`*)

あとマクロで、一斉射撃マクロをつくろっと(*>ω<*)
そして、剥奪→弓の火炎矢と火炎柱と・・・・遠距離あてて、20秒後に、祝福で逃げれたらいいなぁって思いました(*´ω`*)

1陣での敗因は、南から、一気に城までいった味方部隊の全滅が・・・・
水に入ると足遅いんだから、背水の陣しても、無理ってことをわかってもらいたいですね(*>ω<*)
南から城に行かずに、中央にしたら 、挟撃できたと思うのにね・・・・

投石とかも、一斉にうったら楽しそうね(*>ω<*)
大声で、一斉射撃(゚д゚ヾ) 
なんてしたら、楽しそうね(*ノ▽ノ)





2陣の関に関しては、いつもひどい(ノд-。)クスン…
もうどうしていいかわからないくらいひどいわ(*>ω<*)
関は、寄生突撃が一番いいとは思ってるんだけど、
関内で、全軍待機になっちゃうし・・・

関内待機→陣形発動→突撃→退却→待機って・・・
やっていくのが一番いいんだろね(/ε\)
関に関してどうやっていくかが、一番の課題ですね(*´ω`*)


関の敗因は、普通に、力負けですね(*>ω<*)
突撃力の力の差かなぁって思いました...( = =) トオイメ

やっぱり、少数連合にほしいのは、
祝福と守りの恩恵だと思うので、
つねに3徒党は組めるように・・(*>ω<*)







3陣は欠席でした(*>ω<*)
スポンサーサイト

テーマ : 三國志online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ニコランパーツM
コリンからのお知らせ
Flashカレンダー
プロフィール

狐麟

Author:狐麟
黄河サーバー
蜀 劉備所属 「国家錬金術師」
部曲長 

エリーヌ鯖
ギルド名「ヴァルキュリア」
役職:ギルドマスター
別名:ネタキャラ

リアルな私

サッカー大好きコです

いちよう社会人です(笑)

カテゴリー
最近の記事
アクセスカウンター
最近のコメント
リンク
ブログランキング♪
二つとも押すのです(*´ω`*)
↓更新にやる気がでます!↓ にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
にほんブログ村 ↑更新にやる気がでます!↑
★ご注意★
『三國志 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエー及びシンガポール国法人であるKOEI ENTERTAINMENT SINGAPORE Pte. Ltd.に帰属します。」 または、「(C)2007-2008 KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd./KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」 このホームページに掲載している『三國志 Online』の画像は、『三國志 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『三國志 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。                                                      記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.                                                                                                                                       The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。