闇夜を照らす月光 君との思い出が輝いている・・・
丹と戦術の関係

2009-09-14 Mon 02:13
こんいちわ コリンです。

忙しいとなかなかブログを書けない今日この頃・・・・

いま起きたので夜な夜な書きますw

今回は、戦術と丹の関係って、結構重要になってきます。

まず、何が重要かって

戦術は 足が速い

丹は 足が遅い

ここをふまえて前に進むことを考えることが大切ですね。



一番危険なこと、、間延びの危険性があるっていうことですね( ^▽^)


戦術が早すぎると、丹が遅れて回復準備が間に合わないこと。


戦術の疾駆3 双の疾駆2 布の疾駆1 だから

布職が早く動かないと、おいてけぼりくらいます・・・・。






あと、FAのときなどに、戦術が前に行き過ぎると、技能の準備中に、
範囲外になって、技能が途中でカットされること。

あと、戦術だけ一人で攻撃しにいくことも、回復と浄化が間に合わず・・・・
なんてことも多いかと。・゚・(ノД`)・゚・。



ライン戦になれば、ラインの距離が長くなればなるほど、

丹も前にでることになり、より危険が出てくることですね。

味方双が丹よりさがると、タゲ集中される可能性もでてくるから
自分の位置関係がものすごい重要になってくる・・・・。

ここが丹の面白さっといったら そうなんですけどね(〃▽〃)

ゆえに、丹する人は、戦術もやってみると、いいのかなって思いますw

いきなり丹から 対人しようっていうひとは、なかなかいないと思いますけどね(〃▽〃)


戦術をする人は、一度丹をしてみて、実感してみるのお勧めします(〃▽〃)



スポンサーサイト
別窓 | 国家錬金術師 活動日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<久々にゆっくりと | ☆狐麟のやわらか日記☆  | 狩りで練習>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ☆狐麟のやわらか日記☆  |