闇夜を照らす月光 君との思い出が輝いている・・・
一緒に想いを志す友に

2011-07-17 Sun 01:24
こんにちは コリンです。

いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます。

このたびはTERAというオンラインゲームの中でギルドを立ち上げることになりました。
少しでも、皆さんと想いを重ねる事ができればと願い、挨拶と私の自己紹介をさせていただきたく考えました。

少しでも「わたし」という人がどんな人かを知って、私の想いを理解していただければ幸いです。

私は三国志オンラインというMMOで初めてオンラインゲームに出会いました。
そこでは様々な経験をしました。
まずそのときの体験をお話したいと思います。

私は、オンラインゲームというもの初めてプレイしたこともあって、
操作の仕方がわからない、PC環境も悪いという、チャットってなんだろうっていうほど、何も知らないのに
興味のみでゲームを始めました。
そして、一人で遊んでいるときに、声をかけられ何人かでクエストや狩りなどをして遊ぶようになりました。
数日後、遊んでいたフレが部曲(ギルド)に入りました。私自体はどうしようか迷っていたんですが、
始めに声をかけられたフレとは違うフレにみんなで遊んでいるときに、その人にとっては他愛もない言葉かもしれないのですが、私にとってはとても傷つくような言葉を浴びせられました。

その言葉は「黙って回復だけしてればいい」という台詞でした。

その時の私は、少しでも相手のためになればと思い、攻撃スキルも使いつつ、もちろん回復もしていました。
それなのになんでそんな事言われるのだろう・・・と。
それ以降、その鯖では活動するのを辞めて違う鯖に移動しました。

そして私は移動した鯖で部曲を立ち上げました。
そのときに立ち上げたのは「初心者が遊べる場所を作ること」ただそれだけでした。
私のような初心者、もしくは初心者同士が共に遊べる環境を作ること、それが願いでした。

やはり、同じような想いをした人もいて、そういう人とチャットをすることで
私はより部曲を大きくすることを誓いました。
しかし、勧誘すれど、三ONというゲームは少しずつ過疎になり、プレイヤー自体が減り、
私と共に立ち上げた人たちも引退や移籍などするようになりました。

私はどうしていいのかわからず、そのまま引退もしくは解散を思うようになりました。
しかし、一時無料期間があったときに引退したフレが戻ってきて、一言うれしい台詞を残してくれました。

「よかった、帰ってくる場所があって」

その一言で私は今まで思っていたネガティブな考えがすべて消し飛びました。

それから今まで以上に部員のため、自分のフレのため、そして私のために
尽力してきたと思います。

三国志オンラインでは合戦というコンテンツがメインコンテンツで、部員のみの大連合を目指したのですが、
その思いは実らぬままでした。
しかし、サービスが終了する少し前には、部曲順位が合戦で1位になったり、年間表彰部曲に選ばれたりしました。
そして、その場には私はいませんでした。
しかし、逆にそれが私には誇りでした。
私はこう思いました。

「私と想いが通じた人たちが、ついにやってくれたんだと・・・。」

私は、メインコンテンツである合戦にはほとんど参加していません。
ですが、私の思いをリンクしてくれてた部員さんに支えられ、ギルドはよりよい環境になっていったと思います。

それも私の力ではなく、部員さんやフレ、支えてくれた人たちのおかげだと本当に思いました。

私が考える上で一番にこのオンラインの世界の中で思うことは「思いやり」です。

画面の向こうにいるのは人間なんです。機械じゃないんです。
だからゆえに、相手を思いやる必要があるんじゃないかと考えます。

なので私の根本にあるのは「思いやり」です。そして「礼儀」です。
自分だけが楽しいだけなら、オンラインゲームで遊ぶ必要性はありません。
自分と画面にいる「あなた」と一緒に楽しむことがオンラインゲームだと思います。

こんな私を支えてくれる仲間がいます。
それだけで私は本当に幸せ者だと思います。

こんな私と一緒に歩んでくれる仲間に感謝します。
力がない私の元に集ってくれる仲間に「ありがとう」と言いたい。


いままで始めたオンラインゲームはひとつだけで、知らないこともいっぱいあります。
こんな私でよければ、一緒に歩んでいきませんか?

少しでも楽しい世界にするために、あなたの力が私には必要なんです。


ギルド員が多いと遊べることも増えますが、それと同じぐらい価値観の違いや
思い入れの違いなど、すこしずつずれがでてくるものだと思います。
それを束ねるのが「わたし」の役目になり、少しでもみんなのために尽力できればと思います。


「誰もが楽しめるギルド」を目標に・・・・・・・・・・。


これ以上にまだまだ伝えきれない想いがあります。
楽しみの共有、メンバーの秩序、ギルドとしての方向性。

私はあなたと遊んで思いを伝えたい・・・・。


長くなりましたが
これが私という人物です。

私が作りたいギルドがイメージできたでしょうか?
私という人物を知っていただけたでしょうか?


このギルドをTERAの中で最高に楽しいギルドにしましょう。

早くTERAの世界であなたに会えることを願っています。


読んでいただきありがとうございました。






別窓 | わたしの想いをきけぇぇぇぇ! | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑

BACK | ☆狐麟のやわらか日記☆  |